メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪雨災害を想定 40人が図上訓練 大垣署、市など /岐阜

豪雨災害を想定した図上訓練=大垣署で

 最近頻発する豪雨災害に備え、大垣市や大垣署などは3日、同署で豪雨災害を想定した図上訓練を実施した。関係機関の連携強化を目的にした初めてのもので、約40人が参加した。

 訓練は、前日から800ミリを超える雨を記録。揖斐川上流の徳山ダムが許容量を上回り放流を開始し、被害が拡大したとの想定で実施された。同…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです