メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性の視点で製作 名古屋で国際女性映画祭 きょうから33作品 /愛知

開幕を前に映画祭の意義や作品について語る浜野監督(中央)やギンツバーグ監督(左から3人目)ら=名古屋市東区のウィルあいちで

 国内外の女性監督映画を中心に集めた「あいち国際女性映画祭2019」が4日から始まる。8日までの会期中、性的少数者(LGBTなど)や宗教、難民問題などを扱った33作品が上映される。開幕を前に名古屋市東区のウィルあいちで3日、監督や俳優による合同記者会見が開かれた。【大野友嘉子】

 ドキュメンタリー映画「And Then They Came for Us」を出品したアメリカのアビー・ギンツバーグ監督▽同作品に出演する日系アメリカ人3世のサツキ・イナさん▽「雪子さんの足音」の浜野佐知監督▽同作に出演する女優の吉行和子さんと菜葉菜さん――…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです