メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玄関場所、音でお知らせ 盲導鈴、市役所などに設置 名張 /三重

三重県名張市役所北玄関に設置された盲導鈴=同市鴻之台1で、衛藤達生撮影

 視覚障害者を安全に庁舎の入り口に誘導するため、名張市は音で玄関の場所を知らせる「盲導鈴」を市役所北玄関など3カ所に設置した。市が公共施設に盲導鈴を設置するのは初めて。

 設置した盲導鈴は「ピーン、ポーン」と高低の電子チャイム音が繰り返し流れる装置。自動ドアの電源と連動しており、玄関が通行可能な時間帯だけチャイムが鳴る。設置されたのは市役所のほか、市立病院正面玄関、市総合福祉センターふれあい正面玄…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです