メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御師の歴史、見つめ直す 伊勢・制度廃止から150年の2021年へ市民団体 イベントの準備作業始まる /三重

 お伊勢さん観光ツアー代理店の事始め、「御師(おんし)」。平安末期から続いた御師制度が明治政府によって廃止されてから150年を迎える2021年、同制度の歴史や文化的な意義を見つめ直そうと、伊勢市の市民グループが各種のイベントを開催する。節目の年に向けて、この夏から本格的な準備作業が始まった。【尾崎稔裕】

 主催は、地元の文化・経済団体や学識経験者らで組織する「伊勢の御師フォーラム2021実行委員会」(委…

この記事は有料記事です。

残り1097文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです