メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笑顔で国体ダンス 壬生野小児童95人が練習 伊賀 /三重

インストラクターを見ながらとこわかダンスの途中にあるポーズを取る児童ら=三重県伊賀市の壬生野小で、大西康裕撮影

 2021年の三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)のイメージソング「未来に響け」に合わせた「とこわかダンス」を広める県のダンスキャラバンが3日、伊賀市立壬生野小(川東)を訪れ、1~3年生95人が振り付けを学んだ。子どもらは14日の運動会でダンスを披露する。

 キャラバンは昨年度から始まり、伊賀市で…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです