メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県、財政規模膨らむ 「国土強靱化」政策影響 18年度普通会計決算 /和歌山

 県は3日、2018年度の普通会計決算(暫定値)を発表した。歳入は17年度比76億円増の5399億円で、歳出は同84億円増の5270億円。国の政策に伴う道路や河川の整備などが影響し、財政規模が膨らんだ。ただ、09年度以降の10年間で見ると、最も少額だった17年度に次ぐ9番目の規模にとどまった。

 歳入面では、企業業績が好調で法人2税の収入が上昇し、県税が20億円増えるなどした。歳出面では、人件費などの義務的経費は17年度と同水準だったが、災害に強いインフラ整備…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです