メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

トウモロコシ政治学=福本容子

 <sui-setsu>

 アメリカのアイオワ州で、トウモロコシ農家が怒っている。アイオワはトウモロコシの生産が全米一の州だ。

 2016年の大統領選でトランプさんの勝利を支えた州でもある。なのにトランプさんはトウモロコシ農家より石油業界を選んだ、裏切られた、とイライラ全開のようである。

 実はアメリカで生産されるトウモロコシのうち、食用は2割しかない。4割が家畜用飼料だが、残る4割はガソリンに混ぜて使用されるエタノール燃料用である。アイオワにいたっては、53%がエタノール向けだ。

 植物由来の燃料は温暖化対策に役立つ、との期待から、アメリカではガソリンへの混入が義務づけられた。エタノールなどの使用量は年々引き上げられ、今はガソリンの約10%がエタノールという。トウモロコシ農家は喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです