メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

トウモロコシ政治学=福本容子

 <sui-setsu>

 アメリカのアイオワ州で、トウモロコシ農家が怒っている。アイオワはトウモロコシの生産が全米一の州だ。

 2016年の大統領選でトランプさんの勝利を支えた州でもある。なのにトランプさんはトウモロコシ農家より石油業界を選んだ、裏切られた、とイライラ全開のようである。

 実はアメリカで生産されるトウモロコシのうち、食用は2割しかない。4割が家畜用飼料だが、残る4割はガソリンに混ぜて使用されるエタノール燃料用である。アイオワにいたっては、53%がエタノール向けだ。

 植物由来の燃料は温暖化対策に役立つ、との期待から、アメリカではガソリンへの混入が義務づけられた。エ…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文999文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです