メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

教育改革のあり方

野依良治氏

 新学期が始まった。時代に応じて繰り返されてきた教育改革。来年度からは小学校での英語の教科化、プログラミング教育の必修化が始まるが、柴山昌彦文部科学相は今春、小学校での「教科担任制」の拡大や高校の普通科改革などを中央教育審議会に諮問し、さらなる改革を目指している。日本の学校教育の行き先を考える。

多彩な人たちの協調促せ 野依良治・科学技術振興機構研究開発戦略センター長

 教育には二つの側面がある。一つは、国民それぞれが人生100年を生きるために必要な知性や技能を身につけること、もう一つは、その集積として健全かつ品格ある国家をつくることである。しかし、最近の日本の学校教育は硬直化し、時代が求める人材を育成できていない。時代は多様な人材を求めているのに、日本の教育は逆に画一化へ進んでいる。

 入試制度を「信仰」する日本の教育は、生徒たちに過剰な競争をあおっている。入試に出ないものは勉学の対…

この記事は有料記事です。

残り4112文字(全文4507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです