メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

東南アジア、プラごみ「NO」 マレーシア「自国対処を」

港に保管されている違法な家庭ごみが入ったコンテナ=インドネシア北部バタム島で、武内彩撮影

 「先進国のごみ捨て場にはならない」――。日本や欧米などから出たプラスチックごみなどを大量に受け入れてきた東南アジアで、輸入プラごみを拒否する動きが広がっている。比較的規制が緩く、処理費用が安い東南アジアにプラごみを押し付けてきた輸出国も方針転換を迫られる。一方、急激な政策転換に各国のごみ受け入れ現場には戸惑いもあるようだ。【ジャカルタ武内彩、バンコク西脇真一】

 東南アジアは海洋に流出するプラスチックの一大排出地域だが、一方で欧米などから排出されるプラごみを大…

この記事は有料記事です。

残り1936文字(全文2168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです