メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍5000人、135日で撤収 アフガン和平担当見通し

多数が死亡した爆弾テロの現場=カブールで3日、ロイター 

 アフガニスタンからの米軍撤収に向け旧支配勢力タリバンと協議を続けている米国のハリルザド・アフガン和平担当特別代表は2日、アフガン民放とのインタビューで、両者で合意が締結された場合、駐留米軍約1万4000人のうち5000人が135日間で撤収することを明らかにした。また両者の交渉団で合意文書の草案が大筋でまとまったとも説明。トランプ米大統領やタリバン指導部が承認すれば、正式に合意する。

 ハリルザド氏は、米軍はタリバンとの合意に基づき「五つの基地から撤収する」と説明。さらに米軍が撤収を…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです