メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

産地の努力へ できること=農業ジャーナリスト・青山浩子

 夏野菜を代表するナス。近年は水ナス、丸ナスといった伝統品種に加え、白ナスや青ナスなどイタリア系の品種も増えた。多様な品種を目にできるのは、水面下で産地の努力があってこそ。米ナスの主産地である高知県の取り組みからそのことを実感する。

 高知県は、気候が異なる県内の産地をリレーさせ、米ナスを周年出荷している。夏場の出荷を担う県北部のれいほく地域は、かつて15人いた農家が、高齢化による離農で9人に減った。若い農家が加わるなど明るい話題もあるが、ベテラン農家の窪内勉さん(66)によると、「ここ数年、夏の高温障害が悩みの種」という。初夏の温度が高過ぎ、実を付ける前に花が落ちたり、…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  2. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

  3. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  4. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  5. 「容体は安定」症状あった帰国者5人の受け入れ病院が会見 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです