メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

気をつけて、二輪遊具は、止まれない 人気の「ペダルなし」、坂道で事故多発

ペダルなし二輪遊具=国民生活センター提供

 <access>

 自転車に乗る前の幼児が遊びながらバランス感覚を養える「ペダルなし二輪遊具」による事故が相次いでいる。「ランニングバイク」や「トレーニングバイク」などと呼ばれるこの遊具はここ10年ほどで人気が広がったが、思わぬ転倒で子どもがけがをするケースが後を絶たない。【和田浩幸】

常に注意を/ヘルメットも

 新潟県関川村で8月10日、ペダルなし二輪遊具に乗っていた男児(4)が、ガードレールのない村道から約20メートルの崖下に転落した。男児を助けようとした同村の男性も崖から転落し、頭を打って間もなく死亡。男児は眼底骨折の重傷を負った。

 ペダルなし二輪遊具は2009年に米国から日本に持ち込まれた。対象年齢は2~6歳程度。足で地面を蹴り、バランスを取りながら前に進むことで自転車に乗る感覚が養えるのが特徴。日本キッズバイク安全普及推進協会(東京都港区)によると、ブレーキが付いていない製品が多いが、「幼児は握力が弱いうえ、手を握って止まる動作も難しい。足で止まる方が安全」という。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです