メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がん緩和ケア、投薬過多 病院薬剤師の7割が確認

 緩和ケアを受けるがん患者について、学会所属の病院薬剤師の約7割が、多剤服用で有害症状が出るポリファーマシーなど不適切な処方を確認したとする調査結果を、日本緩和医療薬学会の委員会が日本医療薬学会誌「JPHCS」に発表した。医師が患者の求めに応じて不必要に漫然と処方したり、症状が治まったのに気づかず薬を出し続けたりしたためとみられる。調査した学会は「薬剤師が適切に介入すれば改善できるはずだ」と指摘する。(13面に「賢い選択・ポリファーマシー」)

 がん患者の多くは苦痛や精神的不安定に対処しようと、医療用麻薬のオピオイドなど多くの薬を使うため、ポリファーマシーに陥る可能性が高い。だが、実態を明らかにする全国規模での調査はこれまでなかった。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです