メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

芯から温まるクマ肉=C・W・ニコル

アファンの森で撮影されたクマ=C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 私が初めてクマの肉を食べたのは1960年代に北米北極研究所のデボン島遠征に越冬隊員として参加した時。1頭のホッキョクグマがベースキャンプに侵入しようとしたため、やむなく射殺した。ホッキョクグマは肉食獣。撃たなければ私が食われる側になっただろう。

 越冬隊の食事は缶詰や乾燥食品が中心でクマ肉料理は歓迎された。ホッキョクグマの肝臓は高濃度のビタミンAを含有し、人体に有害と知っていた私は、間違いが起きないよう氷の裂け目から捨てた。

 さて先日、自宅で白ワインを飲みながら森に消えゆく残光を眺めていたら、電話が鳴った。地元の友人からだ。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです