メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

ポリファーマシー/1 多すぎる薬、高まるリスク

糖尿病や高血圧、胸やけ、不眠などの症状がある高齢者らに処方される薬

 高齢者は病気の治療で薬の数や種類が増えがちだ。不必要な薬を出されたり、薬による有害な症状に悩まされたりするケースもある。確かな医療の賢い選び方を紹介するシリーズ「賢い選択」の新企画では、ポリファーマシー(多剤処方)を巡る問題を4回報告する。初回は、ポリファーマシーと有害症状との関係について取り上げる。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1619文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです