メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

ポリファーマシー/1 多すぎる薬、高まるリスク

糖尿病や高血圧、胸やけ、不眠などの症状がある高齢者らに処方される薬

 高齢者は病気の治療で薬の数や種類が増えがちだ。不必要な薬を出されたり、薬による有害な症状に悩まされたりするケースもある。確かな医療の賢い選び方を紹介するシリーズ「賢い選択」の新企画では、ポリファーマシー(多剤処方)を巡る問題を4回報告する。初回は、ポリファーマシーと有害症状との関係について取り上げる。

この記事は有料記事です。

残り1466文字(全文1619文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです