メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

顔面神経損傷、麻酔前に確認=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 前回、顔のキズの初期治療で、特別な注意を要するものとして涙道損傷のお話をしました。同様に顔面神経の損傷も、顔のケガで見落としてはならないポイントです。人は喜怒哀楽を顔で表現しながら社会生活を営んでいますが、顔の表情は複数の小さな筋肉が収縮することにより作り出されます。顔面神経はそれらの筋肉を動かす神経で、耳の後下方にある頭蓋骨(ずがいこつ)の穴を通って脳から出てきます。それから、唾液腺の一つである耳下腺の中で枝分かれをし、顔の表情筋に分布してその動きを制御しています。

 ある40歳男性が酔って転倒した際、テーブルの上のグラスが割れ、左眉毛の外側を深く切りました。顔面血…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです