メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 広島・バティスタ、出場停止6カ月 ドーピング意図的摂取、本人否定

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は3日、ドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を示していた広島のサビエル・バティスタ外野手(27)に対し、6カ月間の出場停止処分を科したと発表した。期間は同日から来年3月2日まで。

 NPBによると、6月7日のソフトバンク戦後の抜き打ち検査で、バティスタの尿から禁止物質のホルモン調整薬「クロミフェン」とその代謝物が検出された。別の検体も陽性だったことが8月16日に広島に通知され、広島は翌日付でバティスタの出場選手登録を抹消し、自宅謹慎としていた。同21日、バティスタ側に弁明の機会が与えられ…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです