バスケットボール 男子W杯 日本、チェコに完敗 76-89 1次L突破できず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バスケットボールの男子ワールドカップ(W杯)第4日は3日、上海などで1次リーグが行われ、E組で世界ランキング48位の日本は同24位のチェコに76―89で敗れ、2連敗となった。同じ組で3連覇を目指す米国が同17位のトルコを延長の末に93―92で降して2連勝し、2次リーグ進出を決めた。日本は5日の1次リーグ最終戦で米国に勝ってもE組最下位となり、17~32位の順位決定戦に回ることが確定した。【上海・小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文791文字)

あわせて読みたい

注目の特集