メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第5部 ジョセフJを読み解く/中 スペシャリスト

日本代表合宿で練習に励むSHの(左から)流大、茂野海人、田中史朗=藤井達也撮影

 「スペシャリスト(専門職)のポジションは、自分たちの戦い方や何をしようとしているかを熟知している選手を、より多く抱えたかった」

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、メンバー選考のポイントを、こう説明した。10あるポジションの中で特にパスワークや正確なキック、俊敏な動きを求められる専門職が、スクラムハーフ(SH)だ。

 前回2015年ワールドカップ(W杯)代表でSHは2人のみだったが、ジョセフHCは2大会ぶりに「SH3人制」を採用した。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです