メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第5部 ジョセフJを読み解く/中 スペシャリスト

日本代表合宿で練習に励むSHの(左から)流大、茂野海人、田中史朗=藤井達也撮影

三者三様 SH厚く

 「スペシャリスト(専門職)のポジションは、自分たちの戦い方や何をしようとしているかを熟知している選手を、より多く抱えたかった」

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は、メンバー選考のポイントを、こう説明した。10あるポジションの中で特にパスワークや正確なキック、俊敏な動きを求められる専門職が、スクラムハーフ(SH)だ。

 前回2015年ワールドカップ(W杯)代表でSHは2人のみだったが、ジョセフHCは2大会ぶりに「SH…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1000文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです