メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

台風21号被害1年 関空の教訓、全国で共有 備蓄1万2000人分/多言語拡声装置配備

関西国際空港と、アンケートに答えた6空港が新たに始めた対策

 関西国際空港が一時閉鎖される事態となった台風21号災害から4日で1年。この間、国内の主要空港は防災機能の強化を進めた。1994年9月4日に開港し、被災1年が「開港25年」にも重なった関空は、今や訪日外国人の重要拠点だ。再び機能不全に陥れば日本経済への影響は計り知れない。神戸、大阪(伊丹)を加えた関西3空港の一体運営が進んでいるが、専門家は「大規模災害を見据えて、さらに広域的に空港間で機能をシェアしていく視点が必要」と指摘する。

 台風21号で関空が一時機能不全に陥った昨年9月、北海道胆振東部地震(6日)で新千歳空港も機能停止し…

この記事は有料記事です。

残り2466文字(全文2732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 甲府市役所で男性職員死亡 飛び降りか /山梨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです