メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

国際親善試合 日本 vs パラグアイ

2019年9月5日(木) カシマスタジアム
日本2

2-0

0-0

0パラグアイ

大迫(前半23分)

南野(前半30分)

得点者


【日本-パラグアイ】前半、ゴールを決めて喜ぶ大迫(中央)を祝福する日本の選手たち=カシマスタジアムで2019年9月5日、宮武祐希撮影

<写真特集はこちら>

     サッカーの国際親善試合、キリンチャレンジカップが5日、茨城・カシマスタジアムであり、日本(国際サッカー連盟ランキング33位)はパラグアイ(同39位)に2―0で快勝した。

    <「堅守のチーム」に対して出した前半2ゴールの解答>

     日本は、10日にミャンマーのヤンゴンで行われる2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選初戦のミャンマー戦前最後の試合を勝利で飾った。

     パラグアイ戦は昨年6月の国際親善試合に続く勝利で、通算成績は4勝4分け2敗(PK戦は引き分け扱い)となった。

    試合後のコメント

    日本・森保監督 多くの選手がイメージをもって戦ってくれた。2―0からもう1点奪い、より安定した試合運びができたらよかったが、次の課題としたい。

     大迫 (先制点)長友さんから良いボールが来たので、しっかり足に当てられてよかった。(古巣・鹿島の本拠地での代表戦)僕の初めてのプロとしてのチームなので、そこでしっかり結果を残せてよかった。

     南野 (2点目)ヒロくん(酒井宏樹)から良い折り返しが来て、ゴールに流し込むだけ。自分たちがチャンスを築く場面が多かったが、最後の攻撃の質は向上する必要がある。

     久保建 無失点で勝つことができてよかった。(積極的にシュートするも無得点)他に選択肢がある中でシュートを狙っているので、決めなければいけなかった。次はしっかり決めたい。


    【試合終了】

    後半45分+4

    【日本】橋本にイエローカード

    後半45分+3

    【日本】ペナルティーエリア左角付近から南野が左足でシュート。わずかに枠の右へ外れる

    後半45分

    アディショナルタイムは3分

    後半45分

    【日本】敵陣左サイドから安西が仕掛ける。ゴールに突進するようにドリブルで突破を試みたがチャンスにはつながらない

    後半41分

    【パラグアイ】ペナルティーエリア手前からサムディオが強烈なシュート!これはGK権田の正面

    後半38分

    【日本】安西と原口のパス交換で左サイドを突破。安西が敵陣深い位置からクロスを送るも相手にカットされてしまう

    後半34分

    【日本】前線のスペースへのパスに永井が反応。快足を飛ばして追いかけるも相手守備に阻まれる

    後半31分

    【日本】柴崎→板倉

    【日本-パラグアイ】後半、ドリブルで攻め上がる久保建=カシマスタジアムで2019年9月5日、藤井達也撮影

    後半28分

    【パラグアイ】ゴンサレス→O・ロメロ

    後半28分

    【日本】原口がドリブルで持ち込むと左サイドの南野でなはく右サイドの久保へパス。ペナルティーエリア右角付近から左足で放ったシュートは大きく枠外へ

    後半24分

    【日本】久保が柴崎のスルーパスで裏へ抜け出すとゴールエリア右からクロスではなくシュートを選択。しかし、クロスバーをたたいてしまいネットは揺らせない

    後半22分

    【日本】大迫→永井

        長友→安西

    後半18分

    【パラグアイ】サナブリア→An・ロメロ

    後半17分

    【日本】右サイドでボールを受けた久保がペナルティーエリア右で仕掛ける。相手がたまらずファウルを犯してFKを獲得。キッカーの久保が左足で狙うも鋭いシュートはGKにセーブされる

    後半13分

    【日本】左サイドを抜け出した原口、ボールを呼ぶ久保を見逃さず中央へマイナスのパスを送る。久保はダイレクトで左足を振り抜いたが、DFにコースに入られブロックされてしまう

    後半10分

    【日本】久保が敵陣右サイドのタッチライン際でボールをキープ。DFに囲まれながらも巧みなボールさばきで密集地帯を抜ける

    後半9分

    【パラグアイ】ゴメス→R・ロハス

    後半8分

    【パラグアイ】サムディオにイエローカード

    後半4分

    【日本】ペナルティーエリア手前右の位置で久保が倒されFK獲得。キッカーは久保。左足で壁の上を巻いて落ちるシュートを放つもクロスバーの上へ外れる

    【日本-パラグアイ】後半、FKでゴールを狙う久保建=カシマスタジアムで2019年9月5日、宮武祐希撮影

    後半1分

    【日本】前半CBだった冨安は右SBに

    【後半開始】

    【日本】堂安→久保

        中島→原口

        酒井→植田

    【パラグアイ】エスコバル→リベロス

           サンチェス→マルティネス

           J・ロハス→パレデス


    【前半終了】

    前半45分+1

    【パラグアイ】サナブリアにイエローカード

    前半45分

    【日本】中島が左サイドから中央へドリブルで持ち込むとペナルティーエリア手前から意表を突いたループシュート。これはGKにキャッチされる

    前半44分

    【日本】敵陣中央でFKを獲得。距離はあるものの、キッカーの中島が右足で直接シュートを蹴り込む。ボールは枠の左上へ外れてしまう

    前半41分

    【日本】ペナルティーエリアから大迫が左足でシュート!しかし、GK正面

    前半37分

    【パラグアイ】ゴメスにイエローカード

    前半37分

    【パラグアイ】ペナルティーエリア手前でCKのこぼれ球を拾ったサンチェスがボレーでゴールを狙う。左隅をとらえたシュートはGK権田の好セーブに阻まれる

    前半36分

    【パラグアイ】サムディオが右サイドを突破。ペナルティーエリアに進入すると角度の無い位置から強烈なシュートを放つ。ここはGK権田が好セーブ、右手に当ててボールは枠外へ

    前半30分【GOOOOOOAL】

    【日本】敵陣中央から中島が右サイドのスペースへ敵の間を抜いた絶妙なパス。オーバーラップしていた酒井がワンタッチで中央へ折り返すとフリーで待っていた南野が冷静に右足で合わせる。見事な崩しを見せて日本が追加点!

    【日本-パラグアイ】前半、ゴールを決めて喜ぶ南野(右)=カシマスタジアムで2019年9月5日、藤井達也撮影

    前半25分

    【日本】相手セットプレーをしのぐと中島が拾ってカウンター。見事にパスをつないで一気にゴール前へ。最後は堂安がGKと1対1に。シュートはGKの好セーブに阻まれチャンスを生かせず

    前半23分【GOOOOOOAL】

    【日本】左サイドから長友が左足でグラウンダーのクロス。DFの足に当たりコースが変わるもニアサイドに走り込んだ大迫が左足で合わせネットに突き刺す!日本が先制

    【日本-パラグアイ】前半、ゴールを決める大迫=カシマスタジアムで2019年9月5日、宮武祐希撮影

    前半17分

    【日本】右サイドからのグラウンダーのパスをニアサイドにいた堂安がスルー。フリーの大迫がボールを受けるとペナルティーエリアから右足でシュートを放つ。これはGK正面

    前半12分

    【日本】堂安、中島、大迫と華麗にパスをつないで敵を翻弄。再び堂安が受けてペナルティーエリア左に進入したが、DFに詰められてボールを失う

    前半10分

    【日本】敵陣中央で中島からのパスを受けた南野、ドリブルで持ち込みペナルティーアーク付近から左足で狙う!DFにブロックされネットは揺らせず

    前半9分

    【パラグアイ】敵陣左サイドからアルミロンがクロス。しかし、長友にクリアされる

    前半4分

    【日本】南野のパスを受けた大迫がペナルティーエリア右付近でボールキープ。中を見てクロスを送るも味方にはつながらない

    前半2分

    【日本】最終ラインの吉田が左足でロングフィード。敵陣左に展開していた長友につながるも、トラップが乱れて相手ボールに

    【試合開始】

    パラグアイのボールでキックオフ


    両チームの選手たちがピッチに登場。日本のキャプテンマークは吉田が巻く


    大迫勇也(左)と冨安健洋=いずれもAP

     サッカー日本代表は5日午後7時20分から、茨城・カシマスタジアムで行われる国際親善試合でパラグアイ代表と対戦する。両チームの先発メンバーが発表され、日本はFW大迫勇也(ブレーメン)、MF中島翔哉(ポルト)らが先発。久保建英(マジョルカ)はベンチスタートとなった。

     

     

    日本代表の先発メンバー

    ▽GK権田修一(ポルティモネンセ)

    ▽DF長友佑都(ガラタサライ)吉田麻也(サウサンプトン)冨安健洋(ボローニャ)酒井宏樹(マルセイユ)

    ▽MF柴崎岳(デポルティボ)橋本拳人(FC東京)中島翔哉(ポルト)南野拓実(ザルツブルク)堂安律(PSVアイントホーフェン)

    ▽FW大迫勇也(ブレーメン)

     2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組初戦のミャンマー戦(10日・ヤンゴン)に向けた強化試合で、森保一監督は「勝利を目指し、戦術理解をより深めていくことを考えながら戦いたい」と話した。

    <パラグアイ戦>森保監督「基本的には4バックでスタート」

    <パラグアイ代表>要注意選手は?

    <進化するディフェンスの若き柱・冨安>ボローニャ移籍でサイドバックも

    <「バルサ」のユニホーム姿も…>"日本の至宝"久保建英の軌跡

    <ただ1人の“国内組DF”>畠中が挑む、カタールW杯へのサバイバル

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

    2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

    3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

    4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

    5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです