「ポスト安倍」不在、細田派が次に育てるプリンスは?

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 内閣改造・自民党役員人事を11日に控え、自民党最大派閥の細田派(97人)は4日、長野県軽井沢町のホテルで研修会を開いた。安倍晋三首相(党総裁)の出身派閥の細田派には「ポスト安倍」となる総裁候補が不在で、「その次」の候補として衆目の一致する人材もいない。今回の人事では、派内の後継育成に向けた首相の判断も注目されている。

 「我々の安倍首相が政権を維持するには、日本経済が順調にいくことが前提だ。そのためにも我々が一生懸命貢献しなくてはならない」。派閥会長の細田博之元官房長官は4日の研修会で、集まった約80人の派閥所属議員に呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文815文字)

あわせて読みたい