メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税ポイント解説

持ち帰り8%、店内飲食10% 外食チェーン、分かりやすさやおトク感競う

 消費税率の引き上げを商品価格にどう反映させるかは、事業者の裁量に任されている。軽減税率の導入で、持ち帰りは8%、店内飲食は10%と税率が混在する外食業界では、企業によって価格の表示方法が分かれている。

 価格表示の方法は大きく四つに分けられる。一つは、持ち帰りと店内飲食の税込み価格を統一し、表示するケース。日本ケンタッキー・フライド・チキンは、チキン1ピースの税込み価格(現在250円)を持ち帰りでも店内飲食でも同じにする。そのため、10%の税率が適用される店内飲食の場合は本体価格を引き下げる。表示価…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです