連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

認知症患者に安楽死は認められるのか オランダで初の刑事事件に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オランダで安楽死合法化から初めて医師が刑事責任を問われた公判が開かれたハーグの法廷=AP
オランダで安楽死合法化から初めて医師が刑事責任を問われた公判が開かれたハーグの法廷=AP

 オランダで、認知症が進行した患者に十分な意思確認をせず安楽死させたとして医師(68)が起訴された。2002年に安楽死の実施を認める法律が施行されてから、安楽死に関わった医師が刑事責任を問われる初めてのケースという。検察は、認知症患者の安楽死はどのような場合に認められるのかを「明確化」する事件と位置付け、公判では医師への求刑を避けた。

この記事は有料記事です。

残り1579文字(全文1747文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集