メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年こそ豊漁を 「閖上赤貝」の水揚げ始まる 宮城・名取

閖上漁港に水揚げされたアカガイ。後ろの機械で重量別に仕分けられる=名取市閖上で2019年9月1日午前9時18分、滝沢一誠撮影

 宮城県名取市の閖上漁港で、今期のアカガイの水揚げが始まった。冬~春が旬で、来年6月末までの漁期に計約60トンの水揚げを見込む。昨期は貝毒の影響で水揚げ量が低迷したため、漁業関係者は今期の漁獲量に期待している。

 アカガイは体長10センチほどの二枚貝で、主に刺し身やすしで食される。閖上は国内有数の産地で、「閖上赤貝」は東京のすし店主が直接買い付けに訪れることもある一大ブラ…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです