メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琵琶湖自転車一周ルート「ビワイチ」に青い輪 滋賀県が年内に完成予定

道路にひかれた青い矢羽根マーク(手前)と青い破線=大津市島の関で2019年8月29日午前10時36分、諸隈美紗稀撮影

 滋賀県は琵琶湖を自転車で一周する「ビワイチ」を安全に楽しんでもらおうと、県が推奨するルート「ぐるっとびわ湖サイクルライン」上の道路に、青い矢羽根マークや破線を引く事業を進めている。2016年からスタートし、1周約193キロの青い「輪」が今年中につながる予定だ。県道路課は「ルールを守って、多くの人にビワイチを楽しんでもらいたい」と話した。【諸隈美紗稀】

 矢羽根マークは、車のドライバーに「自転車走行者が多い」と注意喚起をうながすサインで、全国的に導入が進む。一方、破線はサイクリストにビワイチのルートをガイドする役割を狙った、県独自の表示。速度の速い自転車が多く通ると想定される「上級コース」(破線の長さ10メートル)と、初級者や家族連れが多く利用したり、安全のため速度を抑えた走行が求められたりする「低速コース」(同5メートル)の2種類がある。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  2. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「高熱でも宿泊拒否できない」旅館業法 GoToは大丈夫か ホテル苦慮

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです