メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宮崎空港で検疫犬「モモ」活躍 肉、果物の不正持ち込みだめだワン

手荷物を嗅ぎまわって検査する検疫探知犬のモモ

 海外から不正な肉類、果物などの持ち込みを防ぐ動植物検疫探知犬が6月、鹿児島空港に配備され、7月には宮崎空港でも活動を始めた。不正な持ち込みは増加傾向にあり、農林水産省の動物検疫所門司支所鹿児島空港出張所は今月、宮崎空港でビーグル犬「モモ」(雌、6歳)による検査の様子を公開し、注意喚起した。

 検疫犬は2005年の牛海綿状脳症(BSE)の世界的流行などを受け、成田国際空港に導入された。入国者が航空機…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

  2. 他県への移動 都は「自粛を」 国は「必要ない」 また足並みに乱れ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  5. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです