メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞に新聞協会賞 関空台風被害撮影 幾島記者 4年連続31件目

2019年度の新聞協会賞(編集部門)を受賞した「台風21号 関空大打撃」(2枚組み)の1枚。A滑走路や駐機場が高潮で浸水した場面を捉えた=2018年9月4日午後5時55分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 日本新聞協会は4日、2019年度の新聞協会賞を発表した。優れた報道に贈られる編集部門では、昨年9月の関西国際空港の台風被害を撮影した毎日新聞大阪本社写真部、幾島健太郎記者(40)の「台風21号 関空大打撃」(2枚組み写真)など3件が選ばれた。毎日新聞の編集部門での受賞は4年連続31件目で、同部門の最多記録を更新した。

 昨年9月4日に近畿地方を縦断した台風21号では、関西空港の滑走路や駐機場が高潮で冠水。空港沖に停泊していたタンカーが強風で流されて連絡橋に衝突し、鉄道、道路とも不通となったことから利用客や従業員ら約8000人が一夜、空港内に足止めされた。

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1134文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです