メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

迫る災害 伝えた一瞬「台風21号 関空大打撃」新聞協会賞受賞

台風21号の被害を伝える紙面

迫る災害 伝えた一瞬「台風21号 関空大打撃」新聞協会賞受賞

 日本新聞協会は4日、2019年度の新聞協会賞を発表した。優れた報道に贈られる編集部門では、昨年9月の関西国際空港の台風被害を撮影した毎日新聞大阪本社写真部、幾島健太郎記者(40)の「台風21号 関空大打撃」(2枚組み写真)など3件が選ばれた。毎日新聞の編集部門での受賞は4年連続31件目で、同部門の最多記録を更新した。

 昨年9月4日に近畿地方を縦断した台風21号では、関西空港の滑走路や駐機場が高潮で冠水。空港沖に停泊…

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1488文字)