JAXA宇宙飛行士がガンプラ工場見学 衛星搭載用ザクは1/144から1/200に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や東京大などと協力し、宇宙にアニメ「機動戦士ガンダム」の模型を打ち上げる企画の一環で、宇宙飛行士の野口聡一さんと金井宣茂さんが4日、衛星に搭載される模型を製作する「バンダイホビーセンター」(静岡市葵区)の工場を視察した。

 企画は宇宙空間から五輪・パラリンピックを応援しようという狙い。東大大学院の研究室が開発を進めている超小型衛星「G―SATELLITE」(縦横各10センチ、高さ30センチ)内に「ガンダム」と「シャア専用ザク」の模型2体を搭載、宇宙に放出する。模型の足元には、大会への応援メッセージを表示する電光掲示板を搭載。衛星に設置された7台のカメラでその姿を撮影し、地上に送るという。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文753文字)

あわせて読みたい

ニュース特集