メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ文学者の池内紀さん死去 78歳 「ファウスト」、軽妙なエッセーも人気

池内紀さん=東京都三鷹市で2014年1月28日、武市公孝撮影

 ドイツ文学者でエッセイスト、毎日新聞書評欄「今週の本棚」の執筆者を長年務めた池内紀(いけうち・おさむ)さんが8月30日、虚血性心不全のため死去した。78歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻水緒(みを)さん。

 兵庫県姫路市生まれ。東京外大ドイツ語学科卒業後、東京大大学院人文科学研究科修士課程を修了。「世紀末ウィーン」の研究で知られ、神戸大、東京都立大を経て、東京大文学部教授を務めた。

 著作は翻訳、エッセーをはじめ、執筆範囲も演芸、歌舞伎など多岐にわたった。2000年、訳書「ファウスト」で毎日出版文化賞を受賞。主な著書に「ゲーテさん こんばんは」(桑原武夫学芸賞)、「海山のあいだ」(講談社エッセイ賞)、「恩地孝四郎」(読売文学賞)、訳書に「カフカ小説全集」(日本翻訳文化賞)など。趣味の山歩きや温泉をテーマにした軽妙なエッセーも人気を博した。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 大阪府知事「うがい薬でコロナ陽性減」 個別商品示す意味あるのか

  4. 「今、東京から?」拒まれ、仮住まいで焼死 岩手「ついの住みか」のはずが

  5. 疫病と人間 第2波は?「喉元過ぎれば熱さ忘れる日本人」の弱さ 岩田健太郎・神戸大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです