メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「このままでは禍根」「再開可能性20~30%」 津田大介氏が語る「不自由展」中止

インタビューに答える津田大介・あいちトリエンナーレ芸術監督=名古屋市東区の愛知芸術文化センターで2019年9月4日午後1時41分、兵藤公治撮影

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が8月3日に開幕3日で中止されて1カ月。芸術監督を務めるジャーナリストの津田大介氏(45)が4日、毎日新聞のインタビューに応じた。津田氏は企画展再開の可能性について「20~30%」と事実上困難との見方を示したが、「このまま終わってしまうと日本の芸術や芸術祭に大きな禍根を残す。そうならないような結末にしたい」と語った。【聞き手・山田泰生、竹田直人】

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1219文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 国語学者・金田一秀穂さんが読む首相の「姑息な言葉」 すり替えと浅薄、政策にも

  2. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  3. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  4. 東山紀之さん、主演公演初日延期 テレ朝生放送も欠席 公演出演者らがコロナ感染

  5. 排せつ、セックスも赤裸々に… 半身不随になった「もののけ姫」の「2度目の人生」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです