メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We♡Rugby~世界のフィールドから

「ワラルーズの一員に」ラグビー女子豪州代表を目指す現地の日本人教師

ラグビー女子のオーストラリア代表合宿に参加した小野麻子さん。自らを成長させてくれたオーストラリアでの代表デビューを目指している=オーストラリア東部イプスウィッチで2019年8月14日午前11時28分、角田直哉撮影

 国籍を代表チーム入りの条件とはしないラグビーで、オーストラリア女子代表「ワラルーズ」での活躍を目指す日本選手がいる。現地で高校教師をしながらクラブチームでプレーする小野麻子さん(29)だ。代表合宿にも招集された実力者で、「オーストラリアでラグビーに打ち込み、成長できた。だからこそワラルーズの一員としてプレーしたい」と夢に向かっている。【イプスウィッチ(オーストラリア東部)で角田直哉】

 小野さんが勤務するのは、オーストラリア東部のブリスベンから南西に約40キロ離れたイプスウィッチ州立…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです