SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー 岸政彦『図書室』

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

切ったら血が出るような会話 そういう切実さが確かにある

◆『図書室』岸政彦・著(新潮社/税別1600円)

 「この作品では会話の切実さを描きたいと思ったんです」と語る。

 『図書室』は3作目の小説だ。大阪のアパートで一人暮らしをする女性が、小学生の頃に通った古い公民館の中にある図書室を思い出す。彼女はそこで、ある男の子と出会う。

「知り合いがだれもいない図書室が彼女にとっての拠(よ)りどころなんですね。家とも学校とも違う場所で隣の小学校の男の子と会ったことが、彼女には忘れがたい思い出になった」

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1436文字)

あわせて読みたい

注目の特集