メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

有機農業の歩みを自叙伝に 星寛治さん

初の自叙伝を刊行した星寛治さん=佐藤充男さん撮影

 「小さな共生社会から新たな田園文化社会を築く。そんなイメージを正夢にしようと、東北の地を耕してきた」。日本の有機農業の先駆者の一人で、農民詩人の星寛治さん(83)が、初の自叙伝「自分史 いのちの磁場(じじょう)に生きる」(清水弘文堂書房)をまとめた。

 山形県高畠町の農家に生まれ、「土の持つ生命力に依拠した農業を」と1973年、有…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです