メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

有機農業の歩みを自叙伝に 星寛治さん

初の自叙伝を刊行した星寛治さん=佐藤充男さん撮影

 「小さな共生社会から新たな田園文化社会を築く。そんなイメージを正夢にしようと、東北の地を耕してきた」。日本の有機農業の先駆者の一人で、農民詩人の星寛治さん(83)が、初の自叙伝「自分史 いのちの磁場(じじょう)に生きる」(清水弘文堂書房)をまとめた。

 山形県高畠町の農家に生まれ、「土の持つ生命力に依拠した農業を」と1973年、有…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです