メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇 地人会新社「リハーサルのあとで」 交錯する演劇と人生=評・濱田元子

 生きていることと、演じていることとのあわいに人生の真実が立ち現れるかのような、不思議な感覚にとらわれる。20世紀の映画界を代表する巨匠イングマール・ベルイマン監督が、テレビ映画のために書いた3人芝居。ウイットに富んだセリフが、栗山民也の研ぎ澄まされた演出で心のひだに分けて入ってくる。岩切正一郎訳。

 ストックホルムの王立ドラマ劇場の劇場監督もつとめたベルイマンは、舞台演出家としても高く評価された。彼自身が投影された本作にも、演劇への強い思いがにじむ。

 舞台もまさに、彼自身が演出経験を持つストリンドベリの「夢の劇」の稽古(けいこ)の後。5回目の演出に…

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです