メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から

現場から・’19知事選/上 人口減少 自治体の努力に限界 岩手の魅力発信、もっと /岩手

 短い夏の終わりが近付く8月下旬。雫石町の会社員、浦田大輔さん(39)は自宅で、中1の長女と知事選のニュースを見ていた。候補者は人口減少対策を課題に挙げる。「雫石や岩手の魅力は大きい。もっとアピールしてほしい」。人口流出が続く岩手に東京から移住した浦田さんは、県の取り組みに物足りなさを感じる。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1060文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです