メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法訴訟 原告3人、違憲性訴え 「戦争の恐怖再び」 /群馬

 集団的自衛権の一部行使を容認する安全保障関連法の成立で平和的生存権を侵害されたなどとして、県民ら208人が国に1人あたり10万円の賠償を求めた集団訴訟で、前橋地裁(渡辺和義裁判長)は4日、原告尋問を行った。原告3人が安全保障関連法の違憲性を訴えた。

 前橋市二之宮町の岩崎正一さん(85)は、1945年8月5日の前橋…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです