メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落 「生きようとする姿を」 川上慶子さん救出の瞬間撮影 写真家・藤田さん、事故振り返る /群馬

川上慶子さん救出の瞬間をとらえた写真家の藤田観龍さん=神奈川県川崎市で

 乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故当時、現場の上野村「御巣鷹(おすたか)の尾根」で生存者の川上慶子さん(当時12歳)救出の瞬間を撮影した、写真家の藤田観龍さん(76)=川崎市。事故から34年が過ぎた今、当時を振り返った。【菊池陽南子】

 墜落のニュースを当時勤めていた「しんぶん赤旗(日曜版)」の編集室で知った。テレビから流れる映像に「大変なことが起こった。すぐに現場に行かなければ」とカメラバッグを背負った。午後11時58分上野駅発の夜行列車で現地に向かい、地方議員の案内で長野県側から入山した。未整備の山道は険しく「靴はぐちゃぐちゃになり、落石に何度も頭をぶつけそうになった」という。自衛隊の後を必死についていくと、機体が衝突した岩の裏側に行き着いた。

 生存者がいると分かったのは御巣鷹の尾根に到着してからだった。墜落した機体が散乱した「スゲノ沢」から…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです