メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下条村制130年で式典 青学大・原監督が記念講演 /長野

記念講演後、下条中の生徒に走り方を指導する原晋監督(中央)=長野県下条村睦沢の下条中で

 下条村が村制施行130周年を迎え、このほど同村睦沢のコスモホールで記念式典を開催した。関係者約200人が出席した。

 同村は1889(明治22)年4月に睦沢村と陽皐(ひさわ)村が合併して誕生。その後は昭和、平成の大合併で合併を選択しなかった一方、少子化対策を進め高い出生率を維持し「奇跡の村」と呼ばれる。金田憲治村長は「『自主独立』の道を選んだ先人に思いをはせ、150年、200年と続く村を目指したい」と述べた。

 続いて、箱根駅伝で2015年から4連覇を果たした青山学院大の原晋(すすむ)監督(52)が「箱根駅伝…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです