連載

噴火5年・御嶽山は今

毎日新聞デジタルの「噴火5年・御嶽山は今」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

噴火5年・御嶽山は今

王滝頂上、安全対策遅れ 今月下旬の立ち入り困難 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
噴火翌日に噴煙を上げる王滝頂上付近=長野県王滝村で14年9月28日午前11時半、本社ヘリから小出洋平撮影
噴火翌日に噴煙を上げる王滝頂上付近=長野県王滝村で14年9月28日午前11時半、本社ヘリから小出洋平撮影

 2014年9月に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境)の王滝口登山道について、王滝村が9月下旬を目標としてきた山頂への立ち入り規制緩和の見通しが立たない状況になっている。4日に木曽町で開かれた御嶽山火山防災協議会の合同幹事会で、同村が山頂部の安全対策工事が遅れていることを報告した。【小川直樹】

 王滝村登山道は火口1キロ圏内のうち、9合目から先の王滝頂上周辺を村が立ち入り禁止にしている。村は退避壕(ごう)(シェルター)設置や退避小屋補強などの安全対策工事を施した上で、9月下旬の立ち入り規制緩和を目指してきた。

 この日の幹事会には長野、岐阜両県や市町村の担当者、警察、有識者ら約30人が出席し、王滝村が安全対策の進捗(しんちょく)状況を説明した。7、8月に山頂付近の天候不順が続き、工事用資材を運ぶヘリコプターが飛べず、工事が約1カ月遅れているという。完了時期は未定とし、出席者には規制緩和の期日を空白にした資料が配られた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文765文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集