メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア中央新幹線 大井川流量減、全量回復困難に反発 市民団体、JR東海に申し入れ書 /静岡

リニア建設問題で申し入れ書を県に提出した市民団体共同代表の松谷清・静岡市議(右端)=静岡県庁で

 リニア中央新幹線の建設工事に伴う湧き水処理の問題で、市民団体は4日、「湧き水の大井川への全量回復は困難」としているJR東海に対し、全量回復を約束できないなら工事を中止し、ルート変更を検討するように求める申し入れ書を提出した。

 提出したのは「南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡」(静岡市)。南アルプストンネル工事で出る湧き水について、JR東海は「一定期間、山梨、長野両県に流出する。大井川に全量戻すのは困難」と説明している。

 申し入れ書では「JR東海はこれまでの前提であった大井川の水の全量回復は困難、約束していないとした。…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  2. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  3. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  4. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです