リニア中央新幹線 大井川流量減、全量回復困難に反発 市民団体、JR東海に申し入れ書 /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リニア建設問題で申し入れ書を県に提出した市民団体共同代表の松谷清・静岡市議(右端)=静岡県庁で
リニア建設問題で申し入れ書を県に提出した市民団体共同代表の松谷清・静岡市議(右端)=静岡県庁で

 リニア中央新幹線の建設工事に伴う湧き水処理の問題で、市民団体は4日、「湧き水の大井川への全量回復は困難」としているJR東海に対し、全量回復を約束できないなら工事を中止し、ルート変更を検討するように求める申し入れ書を提出した。

 提出したのは「南アルプスとリニアを考える市民ネットワーク静岡」(静岡市)。南アルプストンネル工事で出る湧き水について、JR東海は「一定期間、山梨、長野両県に流出する。大井川に全量戻すのは困難」と説明している。

 申し入れ書では「JR東海はこれまでの前提であった大井川の水の全量回復は困難、約束していないとした。こうした対応が許されるのでしょうか」とJRの姿勢に反発。全量回復できない場合、工事を中止して環境影響評価をやり直すか、南アルプスルートの変更を検討するよう求めている。県にも同様の申し入れ書を提出した。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文654文字)

あわせて読みたい

ニュース特集