メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病少女描く演劇 15歳以下は無料招待 地元出身プロデューサー企画 16日、尾鷲公演 /三重

 白血病になった女子中学生とクラスメートの交流を描いた演劇「友情~秋桜(コスモス)のバラード」が16日、尾鷲市瀬木山町の市民文化会館「せぎやまホール」で上演される。同市出身で、公演の総合プロデューサーを務める和田敦也さん(57)は「少子化が進む古里の子供たちに舞台の魅力を伝えたい」と、15歳以下の子供たちを無料で招待する。

 1999年の初演以来、約20年間、600回以上も各地で公演を続けている同作品。白血病に侵された少女…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 編集部のよびかけ 女性天皇 認められるか ご意見募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです