メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨8年 五條市で追悼式 「災害に強く」決意新た /奈良

紀伊半島豪雨の追悼式で献花する被災者家族の中西勇次さん=奈良県五條市大塔町宇井で、萱原健一撮影

 県内で24人の死者・行方不明者を出した2011年9月の紀伊半島豪雨から8年を迎え、五條市大塔町で4日、市主催の追悼式が行われた。遺族や関係者らが黙とうをささげげ、災害に強いまちづくりに向けて決意を新たにした。

 式典会場の対岸は、8年前の豪雨で大規模な斜面崩壊が起こり、今もその跡が生々しく残る。式では五條市の太田好紀市長が「重い教訓を後世に伝え、災害に強い町づくりにまい進していく」とあいさつした。

 被災者家族を代表して中西勇次さん(51)=大淀町=が「犠牲になった命を無駄にしないため経験を防災に…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです