メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊半島豪雨8年 防災への意識新たに 各地で追悼の催し /和歌山

江戸時代の慰霊碑(左から二つ目)を復元し、線香をあげて手を合わせる住民ら=和歌山県新宮市熊野川町九重で、最上聡撮影

 2011年9月の紀伊半島豪雨から8年。土砂災害や河川の氾濫などで、甚大な被害が出た新宮市や那智勝浦町では4日、犠牲者を悼み、防災への意識を新たにする催しが開かれた。【最上聡】

過去の災害伝承 新宮・慰霊碑復元

 新宮市熊野川町の九重地区では午後3時過ぎから、2011年の豪雨をきっかけに確認された江戸時代の慰霊碑を、建立当時の姿に復元する催しが開かれた。

 慰霊碑は1821(文政4)年、当時あった土砂災害の犠牲者を悼んで、住人の医者が建立したとみられる。…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです