メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑賀崎小児童ら、防災アプリ体験 和歌山・防災学習センター /和歌山

防災アプリ体験コーナーでタブレットを使い学ぶ子供たち=和歌山市八番丁の同市消防局で、砂押健太撮影

 和歌山市消防局防災学習センター(同市八番丁)に4日、防災に役立つ携帯端末向けのアプリを実際に体験できるコーナーが新設された。お披露目式が実施され、同市立雑賀崎小の3、4年生14人が参加した。

 県は5月、スマートフォンやタブレット端末向けに、土砂災害の危険度や河川の氾濫危険性、身近な避難所など防災情…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです