メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松江・下黒田Ⅱ遺跡調査 屋敷地区画の溝 室町期に有力者居住か /島根

 県埋蔵文化財調査センターは3日、松江市大庭町の下黒田Ⅱ遺跡で、室町時代の有力者の居住地の一角だったことを示す屋敷跡を確認したと発表した。屋敷地を区画する溝が見つかり、青磁の破片も出土した。この他、江戸時代初期の陶器がほぼ完全な状態で出土した。国道432号のバイパス建設に伴い発掘調査していた。

 大庭町周辺は国府跡があるなど古代から中…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文279文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです