メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪 聖火ランナー応募1033人 県内20市町 松山市の倍率131倍 /愛媛

1964年の東京オリンピックで愛媛県庁前を出発する聖火=松山市で同年9月14日撮影

 東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会は4日、県内20市町で8月末まで公募していた聖火リレーのランナーについて計1033人から応募があったと発表した。松山市は公募数2に対し263人集まり、倍率は最も高い131・5倍となった。各市町が候補者を選考し、県実行委での承認を経て大会組織委員会が当選者を決定。当選者には12月以降、市町を通じ連絡がある。【木島諒子】

 ランナーは08年4月1日以前に生まれ、各市町にゆかりがある人が対象で、7月から各市町で募集していた。応募数は9月3日時点のもの。応募用紙に記載された自己PRや第三者の推薦理由などを基に選考される。来年2月中旬以降に大会組織委員会が当選者へ走行場所を連絡する。1人あたり約200メートルを走る予定。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです