メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪 聖火ランナー応募1033人 県内20市町 松山市の倍率131倍 /愛媛

1964年の東京オリンピックで愛媛県庁前を出発する聖火=松山市で同年9月14日撮影

 東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会は4日、県内20市町で8月末まで公募していた聖火リレーのランナーについて計1033人から応募があったと発表した。松山市は公募数2に対し263人集まり、倍率は最も高い131・5倍となった。各市町が候補者を選考し、県実行委での承認を経て大会組織委員会が当選者を決定。当選者には12月以降、市町を通じ連絡がある。【木島諒子】

 ランナーは08年4月1日以前に生まれ、各市町にゆかりがある人が対象で、7月から各市町で募集していた。応募数は9月3日時点のもの。応募用紙に記載された自己PRや第三者の推薦理由などを基に選考される。来年2月中旬以降に大会組織委員会が当選者へ走行場所を連絡する。1人あたり約200メートルを走る予定。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです