「全ての障害者へ公正、平等に」  久留米特別支援学校の事故テーマ 8日、補償求めるシンポ /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 久留米市立久留米特別支援学校で2012年、男子生徒が給食中に窒息し、重い障害を負った事故について考える「すべての障害者への公正かつ平等な事故補償を求めるシンポジウム」が8日午後1~3時、福岡市中央区六本松4の県弁護士会館である。

 同校の中学3年だった河村啓太さん(21)は12年9月、教師の介助を受けて給食中に窒息し、重い脳障害を負った。生まれつき脳性まひがあった河村さんは、表情や声でコミュニケー…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集