メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民役員人事 二階・岸田両氏続投へ 外相は茂木氏有力

 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日の内閣改造・党役員人事で、二階俊博幹事長と岸田文雄政調会長を続投させる方針を固めた。既に続投が固まっている麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官と合わせて、政権中枢の構造を維持する。複数の政府・与党幹部が明らかにした。河野太郎外相は交代の方向で、後任は茂木敏充経済再生担当相の横滑りが有力。政権安定を重視して中枢は維持する一方、19人の閣僚の多くを交代させる大幅改造となる可能性がある。

 首相は4日、ロシア訪問に先立って岸田氏と約20分間、首相官邸で会談した。岸田氏はその後の記者団の取…

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです